売れるネットショップを目指す!~知っておきたい3つの成功の秘訣~

%e5%a3%b2%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%92%e7%9b%ae%e6%8c%87%e3%81%99%ef%bc%81%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e7%94%bb%e5%83%8f

この記事は約 4 分で読めます。


「なかなか売り上げが伸びない」
「先週あんなにアクセスがあったのに、今週はペースが落ちてしまった」

そんな風に悩むネットショップの店長はかなり多いのではないでしょうか。

一喜一憂してはいけません!
低迷している売上をアップさせる成功の秘訣があるのです。それは、

1)顧客層を決める
2)にぎわい感・ひと気を出す
3)お客様の目線を忘れない

の3つ。

ネットショップ運営の基本事項として、確認してみましょう。

(今回記事で対象としているのは、主に自社で独自開発・企画した「オリジナル商材」を扱うネットショップとなります。)

ネットショップ売上アップ!成功の秘訣とは

1.顧客層をはっきりさせる

1-1.商品の特徴から購入層を設定する

まず、ショップで扱う商材がどんな顧客層に購入してもらえるか、あらかじめ把握することが大事です。

「性別」「年代」「独身or既婚」「子供の有無」「価値観」など…

基本的な顧客層を決めたら、もっと踏み込んだ設定を行ってみましょう。

それぞれの顧客層に合ったサイトデザイン・商品写真・説明文にすると効果が高い

普段どんな生活を過ごしているのか、

どんなことに興味があるのか、

どんな金銭感覚を持っているのか。

 

そのイメージに添ってサイトを作っていきます。

この設定を読み違っているとうまく売ることができないので、要注意です。

 

1-2.レビューで顧客層のヒントをつかもう

1-6商品の特徴から年代や性別、価値観などある程度導き出すことができますが、

生活スタイルやポリシーまで細かく設定することはなかなか難しいかもしれません。

 

そのような場合は、すでに購入している顧客からの口コミ(レビュー)や

問い合わせの内容から顧客像のヒントを得られることもあるので、

あらためて読み直して設定するのも良いのではないかと思います

2.“にぎわい感”でリピーターを飽きさせない

1-2

2-1.売れていないショップはここでわかる

一度利用して久々に訪れたリピーターの気持ちでサイトを見直してみましょう。

年間を通してトップページがいつも一緒だったりしませんか?

春の商品が秋になっても紹介されていたり、

イチオシ商品だからといって同じバナーを貼り続けていたり。

売れていないショップは“にぎわい感”や“人の気配”が感じらないのですぐわかってしまうので、要注意です。

「このショップは売れてないのかな?(=利用すると危ないのでは)」という想像を顧客側にさせてはいけません。

1-3

ではどうしたら“にぎわい感”が出るのでしょうか。

2-2.ひと気の出し方

ひと気を出すには、イベントを行ってにぎわいを演出するのがよいでしょう。

・限定商品20%OFFセール
・ポイント10倍アップ
・3日間限定・全品送料無料サービス

いずれも期間や対象商品を限定設定するのがポイントです。

1年中セールをやっているよりも、期間を区切って実施するのが大事。

希少性を演出します。

また「暑い時期はコレ!」とか、「あったかグッズはこちら」など、季節別にオススメ品を集めた特集ページを組むのもおすすめです。

1つの季節は3~4ヶ月程度期間があるので、あまりサイトに手を加えられないという場合でも四季で区切ればひと気を感じさせることができます。

3.お客様の目線を忘れない

1-5

3-1.積極的に他社ショップを利用して研究する

実際に利用してみましょう
自ら購入者の立場になり利用するということはとても大事です。

今はPCやスマホでネット接続することが常識となっていますが、じつは少し前まで「自分はネット通販を利用しない」というショップオーナーの方が結構いました。(その数はかなり減ったと思いますが)

売れている競合他社の商品をショップやネット通販モールなどから購入してみましょう。自社商品を販売しているだけだと気づかないことが、他社製品を購入することで見えてくることがたくさんあります。

3-2.ライバル社のよいところを取り入れる

1-7「うちの商品が一番いい。敢えて買わなくても…」

そうお考えの方もいらっしゃると思います。
確かに自社商品はナンバーワンでも、商品以外のところで学ぶところがあるはず。

受注から配送までの流れだったり、
問い合わせの対応だったり。

「商品は自社のほうがよかった」
「梱包材は他社がよかった」
「商品到着後のサービスをここと同じようなシステムにしたい」

他を知ることで、より便利で改善したほうがいい部分が見えてきます。

いいところをどんどん取り入れて、自らのショップをバージョンアップしていきましょう!

まとめ

いかがでしょうか。

売れるショップになる方法は、たった1つだけではありません。

サイト制作・運営・接客・集客など様々なアプローチを継続的に行って、徐々に上がっていくものです。

日々の売り上げに意識をとらわれすぎないよう、地道に頑張るのがコツですよ!

~Check it out!「売れるネットショップを目指す!」記事一覧~

■初心者のための運営Tips編

■売れなくて困っている方に─こうしてブランド力をつけよう編

■初心者のためのサイト制作編

■初心者でもこうすれば大丈夫!ノウハウ編

  • イベントで盛り上げるコツ
  • アクセス解析をどうやって活かすか
  • その努力はいま有益か?~仕掛けを行うタイミングを考える
  • どうやってリピーターを増やすのか

※未リンクは近日公開予定です。お楽しみに!

コンテンツマーケティングの教科書7ステップガイド

成功しているECサイト店長は知っている
コンテンツマーケティングで継続的なネット集客を実現し、売上アップに成功するための最新の方法を理解できます!

STEP-1 コンテンツマーケティングとは?
STEP-2 “コンセプト”と“ペルソナ”を設定する
STEP-3 集客用ブログを構築する(Wordpress編)
STEP-4 集客用ブログを構築する(SNS活用編)
STEP-5 無料オファー設定・LPの作成方法
STEP-6 ステップメールでファン・顧客を作る方法
STEP-7 リピーターを獲得するメールマガジン活用方法

ダウンロード

最新の記事情報が取得できます。