メルマガ登録率を上げる3つの方法

Registration-rate

この記事は約 2 分で読めます。


メール登録をしてもらう際に、その登録数が多く、見込み客がたくさん集まってくれた方が嬉しいのは決まってますよね!

同じようにサイトへの集客をしているのですから、サイトに100名集客してそこからの登録数が10名であるよりも20名である方が良いのは決まってます!

「見込み客は量より質の方が重要では?」

なんて思う人もいるかもしれませんが、メールマーケティングはその「質」を高めるためのメール配信をするマーケティングなのですから、その配信する先は多い方が良いのです。

でも登録率を10%から20%に、、、「2倍にするなんて大変なのでは?」っと思っているかともいるかと思いますが、そんなことはありません。
ちょっとサイトの中での変更をするだけです。

そのちょっとした変更で、実際に私が登録数を3倍にした方法を紹介させて頂きます!

1.登録フォームの項目はなるべく少なく!

mail_marketing05-01登録フォームは少しでも興味のある人が簡単に登録できるような項目にしましょう。
見込み客獲得のフォームで一番良いのは「メールアドレス」のみが一番登録してもらいやすいと言えます。

しかしメールアドレスだけでなく、おまけに「名前」も取得しておく方法もお勧めします。

名前を取得しておくと、その後に配信するメルマガ・ステップメールに名前を挿入して、個人に呼びかけるようにメールのメッセージを作成することが可能です。

そうするとメールの開封率が上がるとも言われていますからね!
その他必須で無い項目に関してはできる限りフォームから外して、登録しやすい状態にしましょう。

2.登録に対する特典を提供する。

mail_marketing05-03いまやほとんどのメルマガ登録において、特典を提供するのは定番になっております。

何も無いと本当にユーザは登録をしてくれません。自分の見込み客・サイトに訪れたユーザにとって、欲しいと思ってもらえる特典を提供しましょう。

例えば、コンサル系の方であればそのノウハウを無料レポートを作成して配布したり、店舗経営の方は登録してもらった人にクーポン券を配ったり。いろいろな方法がありますね。

この特典の作成方法については、業種別に他の記事でも整理させて頂きますね!

(3)「無料」「特典」「割引」などお得感を伝える

mail_marketing05-02これは簡単ですよね。

(2)で特典を作成したら、それを無料で提供するので、そのようなユーザにとってメリットのあることは確実に見やすいかたちで明記しましょう。

これを書いていないと折角の特典も気づいてもらえないですからね。

たったこれだけです。
実際に私が実施して登録数が2倍になりました。

既に実践している人も多いのでは?っと思われることですが、3つとも全て出来ていますか?この3つを実践してみると本当に登録率が上がりますので、甘く見ずに実施してみましょう!

メールマーケティングの教科書9ステップガイド

基礎編
●STEP1 メールマーケティングとは?メルマガ・ステップメール活用の基礎知識
●STEP2 メールサービス「無料」と「有料」の違い!メリットとデメリットとは?
●STEP3 罰則を受けてからでは遅い!オプトインとオプトアウトの違いを把握する
●STEP4 リストを集めるオプトインページ作成に必要な項目とレイアウト

書き方編
●STEP5 徹底解剖!メルマガの書き方4ステップ
●STEP6 新規顧客が3倍に!ステップメールの書き方5ステップ

活用編
●STEP7 利益を拡大する!メールを使ったアップセル、ダウンセル、クロスセルとは?
●STEP8 送っただけでは意味がない!ステップメールの正しい3つの効果検証方法とは?
●STEP9 アフターフォローで見込み顧客をリピーターに変える

ダウンロード

最新の記事情報が取得できます。