ユーザーを飽きさせない!LPデザインを制作する5つのコツ

img_lpproduction_header

この記事は約 3 分で読めます。


読み流されてしまうデザインではユーザーにアクションを起こさせるのは、難しいでしょう。

読み飛ばされるのを前提に、拾い読みができるメリハリのあるデザインがポイントになります。

5つのコツを押さえて、ダイナミックなLP(ランディングページ)にしていきましょう!


 

1.フォントサイズを変える

フォントサイズを変えてメリハリをつけましょう

特に読ませたい部分を大きく強調することで、ユーザーの目に止まりやすくなります。

単語だけ読んでも意味がわかるようにすることがコツです。

img_lpdesign_01_03

参考サイト)http://megcci.com/?mode=f5

2.サブカラーでメリハリをつける

メインカラーを引き立て、アクセントになり全体にメリハリをつけるカラーです。

サブカラーはあくまでメインカラーの引き立て役なので、メインカラーより主張が強いことのないようにしましょう。

3.背景写真を大きく配置する

写真を大きく配置するとLP全体にリズムを付けることが出来ます。

それだけではなく、写真はイメージの訴求力に優れていて、文字情報だけでは出来ない直感的な理解を高めることが出来ます。

4.コンテンツをランダムに配置する

ずっと同じ配置だとユーザーの目線の動きが単調になり、飽きさせてしまう原因になり得ます。

あえて目線を左右に動かすようなデザインにすることで、ユーザーの興味を持続させることがが出来ます。

5.コンテンツごとにカラーを変える

コンテンツごとに色を変えることで、デザインのメリハリをもたらし、コンテンツの境目をわかり易、情報を伝えやすく出来ます

ただし注意が必要で、多くの色数を使ってしまうとかえって不格好になってしまいます。

全体のバランスを考慮しながら仕上げていきましょう。

まとめ

よくやってしまいがちなのは、あれもこれも目立たせてしまう事。
欲張ってはいけません。

全部読まれなくてもよいのです!

目立たせたいキャッチコピーを整理し、制作前に読み飛ばしを前提に構成してみてはいかがでしょうか。

メリハリを大事に、より良いLP(ランディングページ)を制作して下さい。

こちらの記事と合わせて、LP制作の関連記事をご参考にしていただくと良いと思います。

LP制作の関連記事

LP(ランディングページ)制作の教科書4ステップガイド

本書を読むとできるようになること
・LPの基礎知識と制作手順が分かります。
・ユーザーが求めるLPデザインの制作方法が分かります。
・LPのコンバージョン率UPさせるコツが分かります。

主な内容
1.LP(ランディングページ)とは?
・1-1.Web サイトとLP の目的の違い
・1-2.制作の流れ
2.戦略設計
・2-1.ターゲットユーザー像(ペルソナ)の設定
・2-2.競合調査
3.情報設計
・3-1.シナリオを考える
・3-2.レイアウトを考える
4.デザイン
・4-1デザインに入る前の3 ステップ
・4-2.デザインの5つのコツ
・4-3.訴求力の高いファーストビューの制作方法
・4-4.効果的なコンバージョンエリアの制作方法

ダウンロード

最新の記事情報が取得できます。