売れるランディングページ(LP)制作に必要な2ステップ

lp-process_01

この記事は約 2 分で読めます。


今までランディングページ(LP)のデザインについて散々書いてきましたが、

「デザインに入る前の制作工程も大事じゃないか!」

と思いまして、今回はデザインの話は置いといて、デザイン制作に入る前の事前準備のお話しをさせて頂きます。

1.ランディングページ(LP)制作の流れ

ランディングページ(LP)の制作工程は大きく4つに分けられます。

lp-process_02

戦略設計と情報設計はランディングページ(LP)の大事な設計図みたいなものです!
ここを怠ると今後の作業に影響が出てきてしまいますので、しっかり計画を練っていきましょう。

2.戦略設計の2つのポイント

2-1.ターゲットユーザー像(ペルソナ)を決める

まず考えなければならないのは今売り出そうとしている、商品やサービスをどのように訴求し、ターゲットユーザーにどのような行動をとってもらいたいのかをしっかり決めておきましょう。

lp-process_03

市場調査をし、どのような検索キーワードで来ているのか?などGoogleのキーワードプランナーなどを利用して、ニーズを調べることでとターゲットを選定し易くなりますね。

lp-process_04

Google キーワードプランナー

 

過去記事で、ターゲットを絞る重要性、売れる仕組みを詳しくご説明しています。
ご参考にどうぞ。

ターゲットを絞ったECサイトコンテンツの作り方

2-2.競合調査

その今売り出そうとしている商品、サービスにライバルはいませんか

競合となりうる他社の商品のLPは、どんな訴求をしているのか?どんなデザインで、どんなキャッチコピーなのか?など気になりますよね?

差別化を図るためには調査すべきです!

また、ユーザー目線で見ることで自社の商品やサービスの魅力、訴求するべきことが見えてくるはずですよ。

3.情報設計の2つのポイント

3-1.シナリオ決め

設計戦略で決定した、ターゲットユーザー像(ペルソナ)やコンバージョンポイントを基に、より具体的に細部を決めていき、全体のシナリオを作成していきましょう。

まず大まかな流れを決め、それを基に詳細を決めテキストにしていきます。

lp-process_05

3-1.レイアウト決め

テキストを基にレイアウト(ワイヤーフレーム)を作りこんでいきましょう。

デザインの設計図になるので、写真やコンテンツの内容の配置も決めていきます。

lp-process_06

過去記事で、LPの基本構成、各コンテンツの制作のコツを詳しくご説明しています。
ご参考にどうぞ。

ユーザーの心を掴め!LP制作に効果的な4つの構成とコツ

まとめ

なんとなく・・・で進めていくと、無駄な作業があったり余計時間がかかったり、もう後戻りできなくなってしまいますよ!

作業効率を良くするためにも、戦略設計と情報設計をしっかり練ってから工程を進めていく事が大事になってきます。

売れるLPを制作する為には重要なポイントとなってくるので、怠らないようにしましょう。

LP(ランディングページ)制作の教科書4ステップガイド

本書を読むとできるようになること
・LPの基礎知識と制作手順が分かります。
・ユーザーが求めるLPデザインの制作方法が分かります。
・LPのコンバージョン率UPさせるコツが分かります。

主な内容
1.LP(ランディングページ)とは?
・1-1.Web サイトとLP の目的の違い
・1-2.制作の流れ
2.戦略設計
・2-1.ターゲットユーザー像(ペルソナ)の設定
・2-2.競合調査
3.情報設計
・3-1.シナリオを考える
・3-2.レイアウトを考える
4.デザイン
・4-1デザインに入る前の3 ステップ
・4-2.デザインの5つのコツ
・4-3.訴求力の高いファーストビューの制作方法
・4-4.効果的なコンバージョンエリアの制作方法

ダウンロード

最新の記事情報が取得できます。