ターゲットを絞ったショッピングサイトコンテンツの作り方

i-catch

この記事は約 3 分で読めます。


ショッピングサイトを制作・運営する中で、ビックキーワードに対応させる事が難しい場合があります。
競合が多いキーワードで勝負していくには、対象となるユーザー像を具体的にイメージし、コンテンツのピントが合わせていかなくてはなりません。今回はターゲットを絞り込んでコンテンツを展開していく流れについて、例を交えて紹介します。

1.対象ユーザーを想像

ショッピングサイトを制作する過程で、想定していたコンテンツの修正や追加で盛り込みたいコンテンツのアイディアが、いろいろと出てくるものです。このような修正を少なくする為には、ターゲットに関するイメージをより具体的に絞り込んでおく必要があります。

Example1

例えば、化粧品の販売するECサイトを運営していたとします。一口に化粧品と言っても、様々なジャンルが存在します。
世代によって、またその人がどのような状況で使用したいのか、などの目的によって細分化されたニーズがそこには存在します。

単純に「化粧品」という大きなカテゴリーでECサイトを制作しようとしてもそれだけでは対象ユーザーを具体的に想像する事が難しいため、コンテンツの内容もなかなか見えてきません。
そのためあらゆる目的に合わせて化粧品を販売する場合であっても1つのECサイトで対象とするターゲットは絞り込んで おくべきです。

Example

2.ユーザー目線でサービスを分類

サービス自体を細分化し、ターゲットを大まかに絞り込んだ後は、よりj詳細なサービスを考えましょう。
ユーザーの目線でサービスを網羅的に分類し、現在どの手段があるのかということを把握しておきます。

Example3

このようにユーザーの目線からサービスを分類すればサービスの詳細な全体像が把握できるため、競合サービスにも気づきやすくなります。

3.ニーズを満たすコンテンツを設計

ターゲットとなるユーザーを絞り込むことが出来たら、そのユーザーのニーズを満たすためのコンテンツを考えていきましょう。
ECサイトで来訪ユーザーに納得してもらうためには、対象ユーザーのニーズをさらに掘り下げて、ユーザーが抱いている疑問点を想像することが大切です。

Example2

このように、情報を設計して、細部の内容をさらに詰めていくことで、ECサイトのコンテンツが仕上がってきます。
このとき、まずは大きな項目を考えた後に、詳細な情報を抽出していくことが大切です。

また、どの情報をどの順序で伝えれれば、対象ユーザーにとってわかりやすく魅力が伝わるのかという事について、比較や仮設と検証を繰り返しながら進めていく事になります。

4.注意点

ターゲットの設定もでき、コンテンツも出来上がってきた事はとても良い事ですが、注意点があります。
ターゲットを意識するあまり実際の商品や内容がそれに伴っていなければ、結果はついてこないでしょう。

当然ですが、自社の商品やサービスを魅力的に伝える事と、過度に誇張することを混同してはなりません。
あくまで自社のサービスありきで考えなければなりません。

実際のサービスをありのままにしっかりと伝えていくことが重要です。

まとめ

いかがでしたか?ターゲットを絞る事の重要性をご理解いただけたでしょうか?

ただ何となくECサイトで商品を販売して売れてもそれは、まぐれです。それでは売れなくなってから困る事になるでしょう。
しっかりと売れる仕組みを作っていくことが大切です。今回はその基本の一つを紹介させていただきました。(もっと詳しく内容を知りたいという方は「ペルソナ」や「マーケティング」で検索をかければ山ほど情報が出てきますよ)

うまくターゲットを絞れないと、いくらお客が来るようになっても商品の購入には結び付きません。
量より質の集客をするためにも、うまくターゲットを絞れると良いと思います。

実際にマーケティングを行動に移したいという方は、

メールマーケティング記事まとめ

からメールマーケティングを見てみるのも良いかもしれません。

コンテンツマーケティングの教科書7ステップガイド

成功しているECサイト店長は知っている
コンテンツマーケティングで継続的なネット集客を実現し、売上アップに成功するための最新の方法を理解できます!

STEP-1 コンテンツマーケティングとは?
STEP-2 “コンセプト”と“ペルソナ”を設定する
STEP-3 集客用ブログを構築する(Wordpress編)
STEP-4 集客用ブログを構築する(SNS活用編)
STEP-5 無料オファー設定・LPの作成方法
STEP-6 ステップメールでファン・顧客を作る方法
STEP-7 リピーターを獲得するメールマガジン活用方法

ダウンロード

最新の記事情報が取得できます。