今更聞けない・・・Webサイトとランディングページの違いとは

website-lp-difference_header

この記事は約 2 分で読めます。


「そもそもLP(ランディングページ)ってWebサイトとどう違うの?」

と疑問に思われた方も多いのではないのでしょうか。

私も最初同じ疑問を抱きました・・・。

ズバリ目的が違います!

では、WebサイトとLPの違いを詳しくご説明していきましょう。

1.WebサイトとLPの目的の違い

1-1.Webサイトの目的

Webサイトの目的は多岐にわたります。
自社について知ってもらう為や、企業や商品のイメージを向上させる為など、目的に応じて様々です。

なので複数のページで構成されていて、トップページを起点に下層となる様々なページに遷移する構成になっています。

website-lp-difference_01

1-2.LPの目的

Webサイトは違いLPは、インターネット広告から来訪してきたユーザーにLPを通して商品購入や資料請求などのコンバージョンの達成が目的となります。

なのでWebページのように別のページに遷移するのではなく、1ページ完結型の構成で、見せたい情報を絞って伝える「広告」のような役割を持っています。

website-lp-difference_02

2.デザインの違い

2-1.Webサイトのデザインで求められるもの

website-lp-difference_03

Webサイトでは複数のページで構成されている為、統一する為に制作上のルール設定が必要になります。

例えば、フォントやデザインの統一、共通パーツのデザイン、ページのデザインのレイアウトの共通化が必要で、特に下層ページへの誘導を目的としている為、ナビやボタンのデザインが重要になります。

2-2.LPのデザインで求められるもの

website-lp-difference_04

それに比べLPは1ページ完結型なので、厳密なルールは必要ありません。

ただ、遷移に関するデザイン要素が必要ない代わりに下の方まで離脱させない飽きのこないダイナミックでメリハリのあるデザインが求められます。

3.LP制作で大事なこと

「1ページだから簡単そう!」

と思われがちですが、制作を始めると簡単ではないことにお気づきになるでしょう・・・。

LPはコンバージョン獲得する為に、1ページの中にいかに商品のサービスや魅力をユーザーに伝えるかが重要で、テキスト・画像・順序・レイアウトをユーザー目線を分析したうえで、要素を組み立てる必要があります。

成果を出す為にはページから離脱させない、ユーザー心理を深く考えたマーケティング力が必要になります。

website-lp-difference_05

まとめ

違いを知ってましたか?

意外と知らずに制作してる場合も少なくないのではないでしょうか?

違いが分かると目的がはっきりとし、より制作しやすくなりますね!

こちらの記事と合わせて、LP制作の関連記事をご参考にしていただくと良いと思います。

LP制作の関連記事

LP(ランディングページ)制作の教科書4ステップガイド

本書を読むとできるようになること
・LPの基礎知識と制作手順が分かります。
・ユーザーが求めるLPデザインの制作方法が分かります。
・LPのコンバージョン率UPさせるコツが分かります。

主な内容
1.LP(ランディングページ)とは?
・1-1.Web サイトとLP の目的の違い
・1-2.制作の流れ
2.戦略設計
・2-1.ターゲットユーザー像(ペルソナ)の設定
・2-2.競合調査
3.情報設計
・3-1.シナリオを考える
・3-2.レイアウトを考える
4.デザイン
・4-1デザインに入る前の3 ステップ
・4-2.デザインの5つのコツ
・4-3.訴求力の高いファーストビューの制作方法
・4-4.効果的なコンバージョンエリアの制作方法

ダウンロード

最新の記事情報が取得できます。