いつまでも広告に頼ってはいけない!!ショッピングサイトの広告以外の集客方法

ad-igai

この記事は約 4 分で読めます。


こんにちは、今日も朝からトレーニングに励んでいる角田(つのだ)です。
事務所のご近所で働いているトレーナーの方から、POLAR(ポラール)というメーカーのトレーニング用の時計を購入しました。心拍数トレーニング開始です!。。。って、私は何を目指しているのでしょう・・・

今日は集客と言っても、「いつまでも広告に頼ってはいけない!!」っというお話しです。まあお金をたくさん持っている方は良いのですが、、、なるべくお金をかけたくないですよね。まずは広告による集客のメリットとデメリットから整理しました。

1.広告による集客方法

WEB集客に効果的な広告といってもいろいろありますが、まず思いつく代表的なものでは、「リスティング広告」ですね。GoogleAdwordsや、Yahoo!プロモーション広告などによる検索連動型の広告です。

それ以外にも「アフィリエイト広告」や外部メディアからの「バナー広告」「メルマガ広告」などがありますが、これらにはメルットとデメリットがあります。

1-1.メリット

  • 即効性がある。
  • ターゲットとなる人にピンポイントで集客を図れる

1-2.デメリット

  • 継続的に費用がかかる
  • 管理が大変
  • 広告を止めてしまうと集客ができなくなる

継続的に費用がかかってしまったり、効果を出すためには管理が大変になるので、外部の専門の業者に依頼したりすると、さらに費用がかかります。

即効性があり、ターゲットを集客できるのはとても良いのですが、その費用対効果を計算しつつ実施する必要がありますね。

何よりも広告による集客頼りになってしまうと、広告掲載を止めることができなくなります。止めてしまうと集客ができなくなってしまう。この点は最大のデメリットかもしれません。

では、ここからが本題です。広告以外の集客にはどのようなものがあるのか見ていきましょう!

2.広告以外の集客方法

WEBサイト構築したら、その次に検討すべきは見てもらうこと。見てもらわないと意味がありません。

そのためにはWebサイトへの集客を実施する必要がありますが、継続的なコスをとかけたくない!という方のために、いろいろある広告以外の集客方法の中でも代表的な下記の2つの方法を紹介させていただきます。

  • 検索エンジン経由(SEO)での集客
  • SNSを活用した集客

2-1.検索エンジン経由(SEO)での集客

もっとも効果が高く、理想的な集客であると思われるのが、「検索エンジン経由(SEO)」での集客です。

SEOとは、みなさんご存知の通り「検索エンジン最適化(SEO:Search Engine Optimization)」の事です。特定のキーワードで検索エンジンに上位表示させてそこからの誘導を図る方法ですね。

検索エンジン経由(SEO)での集客のメリット・デメリットは下記の通りです。

2-1-1.メリット

  • ほとんど費用をかけずに始めることができる
  • 継続的に無料の集客効果が期待できる
  • 製品・サービスに関連性の高いユーザーを集められる

2-1-2.デメリット

  • 効果が出るまで数カ月かかる

メリットにも書かせていただきましたが、検索エンジン経由のユーザーは、関連性の高い(質の高い)ユーザーを集客できる可能性が高いのが特徴です。

検索エンジンからの集客を期待する場合、以前は外部のサイトからのリンクを購入して増やしたりすることで、上位表示されている時期もありましたが、2016年現在そのような方法ではほとんど上位表示されなくなってきております。

そのため、継続的に記事(コンテンツ)を更新してその記事ごとに上位表示を図る方法が効果的ですが、効果が出るまでに数ヶ月(3か月〜6か月ほど)かかってしまいます。

2-2.SNSを活用した集客

Facebook、Twitter、InstegramなどのSNSでWebサイトへの集客を行うことが可能です。Facebookなどで有益な情報は拡散されやすくなり、拡散されると、その友達の友達、また友達と見てくれる人が自然に増えていくか可能性が高まります。最終的に販売したい商品・サービスによって「どのSNSを活用すると良いのか?」など検討する必要がありますが、まずはFacebookとTwitterのアカウントを取得しておけば良いでしょう。

SNSの集客のメリット・デメリットは下記の通りです。

2-2-1.メリット

  • 興味を持ってくれたユーザーと直接コミュニケーションをとることができる
  • ユーザーの友達、友達の友達など拡散を狙える

2-2-3.デメリット

  • ユーザーとのコミュニケーションに手間がかかる場合がある
  • しつこく宣伝すると嫌われる可能性がある
  • ファンを増やして効果を得るまでに時間がかかる

SNSによる集客は、ユーザーとのコミュニケーションによって広がる施策です。ファンが増えることで、商品・サービスのターゲットによってはFacebookではなくInstergramの方が、相性が良いなどあるかもしれません。開始直後のファンが少ない段階では当然、集客手段としては効果が出にくい状態なので、ファンを増やすことに注力することになります。

まとめ

「検索エンジン経由(SEO)での集客」「SNSを活用した集客」それぞれ特徴がありますが、この2つの集客の方法を掛け合わせることで、より効果的な集客を見込むことができます。
その掛け合わせた方法は「コンテンツマーケティング」として、今注目を集めております。

「検索エンジン経由(SEO)での集客」だけ行うのか、「SNSを活用した集客」を組み合わせた「コンテンツマーケティング」を行うのか、自社の製品・サービスに適した集客の方法をためしてアクセス数を伸ばしましょう!

「検索エンジン経由(SEO)での集客」「SNSを活用した集客」を組み合わせた「コンテンツマーケティング」についてもっと知りたいと思われた方は、こちらから無料の「コンテンツマーケティングの教科書」をダウンロードしてみてください!

コンテンツマーケティングの教科書7ステップガイド

成功しているECサイト店長は知っている
コンテンツマーケティングで継続的なネット集客を実現し、売上アップに成功するための最新の方法を理解できます!

STEP-1 コンテンツマーケティングとは?
STEP-2 “コンセプト”と“ペルソナ”を設定する
STEP-3 集客用ブログを構築する(Wordpress編)
STEP-4 集客用ブログを構築する(SNS活用編)
STEP-5 無料オファー設定・LPの作成方法
STEP-6 ステップメールでファン・顧客を作る方法
STEP-7 リピーターを獲得するメールマガジン活用方法

ダウンロード

最新の記事情報が取得できます。