【WordPress】リスクに備えてデータのバックアップ「BackWPup」

backup-header-img

この記事は約 4 分で読めます。


バックアップを取っておくことは、Wordpressを使っていくうえでとても大切な作業になります。
更新作業を行う時、プラグインを追加する時、テーマを変更する時、カスタマイズをおこなう時など、間違った動作をした時の事を常に考えておかなければなりません。
それとWordPressのファイル・フォルダを削除してしまった時や、外部からのハッキング攻撃などを受けてしまう危険性もあります。
なので、定期的にWordpressのバックアップをとっておくことは、必要不可欠です。

今回は簡単にバックアップが取れて、定期的に自動でバックアップが取れたり、自動バックアップのスケジュールを自由に設定できる便利なプラグイン「BackWPup」を紹介いたします。

1.BackWPupのインストール方法

backup1

まずダッシュボードから「プラグイン」をクリック。その後「新規追加」をクリックしてください。

backup1-1

右の検索欄に「BackWPup」と入力し、BackWPupが表示されたら「今すぐインストール」をクリックしてください。

backup1-2

その後プラグインを有効化をくりっくします。これでプラグインのインストールは完了です。

2.BackWPupでバックアップ

backup

BackWPupをインストールしたら、管理画面の左メニューから「BackWPup → Add new job(新しいジョブの追加)」の順にクリックしましょう。するとバックアップの設定画面にアクセスすることができます。

3サーバーの自動バックアップ

backup2

3-1一般設定

General(一般設定)タブで、設定を行います。

backup2-1

「Job Tasks」には次の5種類があります。

  • Database backup(データベースのバックアップ)
  • File backup(ファイルデータのバックアップ)
  • WordPress XML export(WordPressの全て記事テキストデータの出力)
  • Installed plugins list(プラグインのリスト出力)
  • Check database tables(データベースチェック)

「Database backup」と「Installed plugins list」は、データベースのバックアップの設定で使用します。「WordPress XML export」は、データベースのバックアップを取ります。「Check database tables」は、データベースをチェックするプログラムを走らせる機能です。

backup2-2

「Archive Format」には、次の4種類があります。

  • Zip(Windows で良く使用される圧縮方式。GZipの前身)
  • Tar(複数のファイルを1つにまとめる方式。UNIX 系 OS でよく使われる)
  • Tar GZip(GZip は、UNIX 系 OS で広く普及している圧縮方式)
  • Tar BZip2(BZip2 は、GZip より処理時間がかかるが、圧縮率が高いこともある)

Windows ユーザーの方は「Zip」、Mac ユーザーの方は「Tar GZip」を選択すれば大丈夫です。

 

backup4

バックアップ先と自動転送メールの設定を行う

どこにバックアップデータを保存するかを決めます。「Backup to Folder」にチェックを入れましょう。他にもいろいろとバックアップ先が選べますが、まず自社サーバーに保存できれば良いです。次にログに関する自動転送メールの設定ですが、デフォルトのままにしましょう。図は、ログを取るごとにメールが届くとどんどん貯まっていくので、エラーがあったときだけに来るような設定になっています。

 

backup6

3-2.Schedule設定

「Schedule(スケジュール)」タブをクリックして、図の通り設定しましょう。「Start job」では、バックアップをとるタイミングを設定します。

  • manually only(手動でバックアップをとる)
  • with WordPress cron(自動でバックアップをとる。cron(クーロン)とは、スケジュール通りに設定プランを実行する機能のこと)
  • with a link http://[アドレス](外部からアドレスにアクセスするとバックアップをとる)

自動で行うため「with WordPress cron」にチェックを入れましょう。CLI は、テキストベースの対話形式で操作する方法なので、特に不要です。「Schedule execution time(スケジュール実行時間)」では、日付の詳細設定は不要なため「Basic」を選択します。続いて、いつバックアップを実行するか設定しましょう。もちろん、

4データベースの自動バックアップ設定方法。

データベース上のデータの設定プランは、次の2つの項目をかなえる内容がベストです。

  • データベース上のデータは、毎日、過去1ヶ月分をバックア自動バックアップは、アクセス数が一番少ない深夜の時間帯に行うップする
  • すでにプラン設定を一度行うと、あとはその繰り返しなので簡単だ。

4-1一般設定

「General(一般設定)」タブでは、次の通り設定を行う。

backup7

backup8

4-2スケジュール設定

「Schedule」タブをクリックし、下の通り設定しましょう。

backup9

4-3バックアップするデータベースのファイル設定

backup10

「Tables to backup(データのバックアップ)」では、すべてチェックを入れましょう。サーバー上のデータと比べてバックアップのファイルサイズはとても小さいので、すべてバックアップをとっても問題ないと思います。

また、全てのデータのバックアップを取っておいて、これを減らすことは出来きますが、不足したデータ自体を復元することは不可能です。

4-4バックアップするプラグイン一覧の設定

backup11

上記の通り設定しましょう。以上でbackupの設定は完了となります。

まとめ

BackWPupは、サイトを全部バックアップできるプラグインです。データベースのバックアップとファイルのバックアップができます。無料版でも十分過ぎるほどバックアップ機能が充実しています。バックアップ機能があるプラグインとしては、一番高機能で使いやすいです。

 

コンテンツマーケティングの教科書7ステップガイド

成功しているECサイト店長は知っている
コンテンツマーケティングで継続的なネット集客を実現し、売上アップに成功するための最新の方法を理解できます!

STEP-1 コンテンツマーケティングとは?
STEP-2 “コンセプト”と“ペルソナ”を設定する
STEP-3 集客用ブログを構築する(Wordpress編)
STEP-4 集客用ブログを構築する(SNS活用編)
STEP-5 無料オファー設定・LPの作成方法
STEP-6 ステップメールでファン・顧客を作る方法
STEP-7 リピーターを獲得するメールマガジン活用方法

ダウンロード

最新の記事情報が取得できます。