【WordPress】コメント欄に画像を追加投稿できるプラグイン「Comment Image」

comment-image

この記事は約 2 分で読めます。


弊社では、Webサイトを構築する際に、よくWordpressを使います。
最近では、多くのWeb制作会社で使われているWordpressですが、いろいろカスタマイズのご要望をいただくことがあります。
その際によく使わせていただくのが「Comment Image」 です。

インストールするとすぐに使えるようになるので、とても簡単。
今回はその使い方について整理させていただきます。

「Comment Image」のインストール方法

ダウンロードしてインストールする場合

img_comment-image01

  1. プラグイン「Comment Image」をダウンロードします。
    https://wordpress.org/plugins/comment-image/
  2. プラグインディレクトリ(/wp-content/plugins/)に、ダウンロードした圧縮ファイルを解凍した「comment-image」アップロード。
  3. プラグイン設定画面で有効化をクリック

WordPress上でインストールする方法

img_comment-image02

  1. プラグイン > 新規追加の画面へ移動
  2. 「Comment Image」で検索
  3. 表示された「Comment Image」の部分で「今すぐインストール」をクリックしてインストール
  4. プラグイン設定画面で有効化をクリック

img_comment-image03

この方法で簡単にインストール可能です。
インストール・有効化をすると下記のようにコメント欄に表示されます。

フォルダ作成設定

インストールが完了しただけでは、まだ使えません。
画像ファイルのアップロード先を作る必要があるんですね。
それは「/wp-content/comment-image」の場所に「comment-image」フォルダを作成して、パーミッションを書き込み可能にしましょう。

この設定をしないと、投稿した画像が表示されません。

「Comment Image」の設定

その他の設定については、Wordpressの管理画面内の「設定」-「Comment Image」設定画面で、設定します。

img_comment-image05

  1. Image selection field : 画像選択フィールドの挿入方法を選択します。
    ・Inject via WordPress hook:WordPressのフックを使用して挿入。
    ・Inject via Javascript:Javascriptを使用して挿入。
    ・Do not inject, manually added:自動的に画像選択フィールドを挿入しない。
  2. Image field label : 画像投稿部分で表示される文言です。
    下記赤枠内の文言を変更できます。
    img_comment-image04
  3. Thumbnail width : 画像の横幅を設定できます。

まとめ

ここまでの設定を行うことで、簡単にコメント欄に画像を投稿できるようになります。

コメント欄を利用したサイトの活性化に役立ちますし、Wordpressを使ったコミュニティサイト、会員サイトなどの構築においては、ユーザー同士のコミュニケーションを図るためにもとても使えますね。

サイトを使ってくれる「見込顧客」を育てるという意味でも、サイト上でのコミュニケーションには重要なプラグインです!

最新の記事情報が取得できます。